Designers Concept

自然を見つめ、素材を感じながら、人にも地球にも優しい服作りを追求し続けているブランド

ecomaco

Designer

岡 正子

グリーンライフクリエイター 岡 正子
ECOMACO 代表
岡学園 トータルデザインアカデミー 校長

便利な生活を求め、大量生産、大量消費を繰り返しながらめまぐるしく変化していく日々の中で私達は、「人」や「物」に対しての感謝を忘れがちになります。
でも、時には自然の恵みや人の温かさに支えられながら今の自分があることを忘れることなくいつも「ほほえみ」や「ありがとう」を還していきたい、、、そんな想いを「エコマコ」のデザインの中にたくしてきました。
ウエディングは、人生の中でもっとも“特別”なものです。
だからこそ、お二人のまたそのご家族、友人の想いを大切に、ひとつひとつを生み出していきたいと思っています。

長野市在住のナチュラルライフコーディネーター
国内外でのファッションショーや講演、作品展示などの活動を通してグリーン原料を取り入れた新しいファッションを、長野から発信し続けている。
90年代初めから激化した地球規模の資源獲得の争いや、ゴミ焼却場においての衣料の大量破棄を目の当たりにした事をきっかけに、環境に配慮した新しいファッションスタイルを提唱。1994年日本初清掃工場での環境をテーマとしたファッションショー、さらに、1998年の長野オリンピック文化プログラムで全プロデュースした「Fashion for the Earth」から、エコファッションの啓蒙活動に力を注ぎ始める。
岡が使う生地の持ち味であるユニークなテキスタイルは、植物由来のグリーン原料(トウモロコシデンプン、大豆、竹、和紙など)を素材としており、最先端の繊維加工技術と伝統の職人技(絞り、染めなど)とのコラボレーションにより生まれた、特異の性質を持つ。
この間、国内外で行われたグリーン原料の重要性を伝える講演や展示会、ファッショショーなどの岡の活動は、百数十件に上る。2008年10月に開かれたファッションウィークメキシコでは、北米や南米、ヨーロッパより100以上のプレスが、岡のファッションショーに詰めかけた。ショーを通じて、グリーン原料の周知を図るとともに、人と地球に優しく、女性らしいエレガントなスタイルを打ち出した。
近年の活動としては、2009年、ビジネス界のオスカーと称される「スティービーアワード賞」の「ビジネス女性大賞・ビジネス女性団体カテゴリー」で大賞を受賞。2011年10月には財団法人地球環境財団主催の第一回エシカルアワードにて「優秀賞」を受賞。同年、12月にホテルニューオータニ・サンローゼ赤坂に直営店をオープン。
2012年にはロンドンに拠点を持つEthical fashion ForumのFELLOWSHIP500に日本初の加入許可が認められ、同年8月には、「スティービーアワード賞•国際ビジネス大賞」で金賞を受賞。40ヶ国以上の国と地域から毎年2000件近くの応募がある中で2度目の栄誉ある受賞となった。
また、2011年4月から2015年3月までは学校法人杉野学園ドレスメーカー学院 院長を歴任。今年創立70周年を迎える岡学園トータルデザインアカデミーの校長とあわせ、次世代のファッションやデザインを担うクリエイターの育成にも力を注いでいる。

Material

「自然と人。互いを生かしあうサスティナブルな考え方」
エコマコのものづくりは、まずはテキスタイル開発から始まりました。
布は、肌を包む第二の皮膚であるからこそ、肌にも環境にもこだわります。
植物のでんぷんを発酵して作られる「ポリ乳酸」にファッション業界の中でもいち早く着目したのもその理由からです。
いずれ土へと還すことができるグリーン原料から生まれるテキスタイルは肌と環境にやさしいだけでなく、風をまとうように軽く美しく演出します。

マテリアル

エコマコが取り入れているのは、シルク、オーガニックコットン、バンブー、和紙、さとうきび、とうもろこし等のグリーン原料から作られるものです。
いずれ土へと還すことができるそれらの素材は、いつも心地よくあなたの素肌を包みます。

お問い合わせ・資料請求はこちら

〒380-0936 長野県長野市岡田町 96-5

TEL026-224-5165 FAX026-224-7744

Contact
TOP