デザイナー・岡正子から

すべてのはじまりは、清掃工場の風景から

長野市清掃工場にて

環境問題が叫ばれ始めた1990年初頭。中でもクローズアップされていたのが「ゴミ問題」でした。その当時、私が清掃工場で目の当たりにした風景は、埋め立て地を掘り返すと、生分解されないプラスチックなどのゴミが100年経っても200年経っても出てくるという現実や、焼却処分される大量の衣服。 そのとき頭をよぎったのが、「こんなに捨てていいのかしら」「使い捨てを“かっこいい”ものとしていいのかな」という思いでした。

その思いが、現在の「ECOMACO」の出発点となったのです。

私たちが住んでいるこの地球は、ここ100年で大きく人口が増えています。わずか1世紀前には10億人ほどだった人口が、2011年には70億人を超えました。その爆発的な人口増加をまかなうため、これまで使用されてきた天然繊維から、安定供給が図れるポリエステル、ナイロン、レーヨンという化学繊維が開発され、染料も同じく天然染料から化学染料へとシフトされました。

ただ、これは決して悪いことではなく、人口増加を支えてきた大切な開発だったと思います。私は、その時代時代に生まれてくる、新しい開発や技術を大事にしたいと思っています。その時代に生まれたものには、必ず意味があります。
それは私たちが扱ってきた、トウモロコシやサトウキビの繊維も同じことです。

長野市清掃工場にて

これまでの化学繊維は、材料を石油だけに頼ってきました。そして車や暖房器具などのエネルギー全てを石油で賄ってきた20世紀という時代は、まさに石油の恩恵を受け続けてきた時代。ですが石油資源には限りがあります。では、これから私たちは何を原料にした衣服を身にまとうのでしょう?わたしは、21世紀とは「エネルギー確保」の時代になると思っています。ガスや太陽光など、世界中がエネルギーの確保に奔走する中で、ファッションの世界も例外ではありません。そこで新たな素材として私たちが注目したのが、トウモロコシであり、サトウキビの繊維だったのです。

21世紀は何を原料として、ものづくりをしていくのでしょう

長野オリンピックでポリ乳酸繊維を使ったショーを開催したあと、マスコミの方からたくさんの質問をいただいたんです。「何をやったら一番エコなんですか」と。極論を言ってしまうと、物を作らないことが一番のエコなんですね。それなら、私たちがやってきたことは何だったんだろうと、そこに答えはないんです。それでも、服で何が表現できるかを考えると、行き着くところはいつも素材でした。「生分解される木の葉のような服をつくろう」と。トウモロコシを原料としたポリ乳酸繊維に出合ったのは1997年のことですが、糸の研究を重ねて今も思うのは、糸も最初は赤ちゃんなんだ、ということ。まだ市場に出たばかりの、未完成のものを私たちは手にしてきたんです。

アトリエでの作業風景

オリンピックの時の洋服は、数年経って生分解していました。長所が欠点なんですね。人生の中でいつも思うのは、長所が欠点、欠点が長所ということ。でもそこを育てると、ほかにはないオリジナルになる。生分解するものを、どう耐久性と両立させるかということが最初の苦しみでした。その後は、熱に弱いというもうひとつの欠点をどう生かすかということ。この時は、しわ加工することで特許をいただくことができました。最先端の繊維企業や伝統工芸の職人の方々に辛抱強くお付き合いいただいて、今では安定供給できるようになりましたが、素材開発はいつも先の見えない長期戦。欠点を長所に、糸の改善をしつづけてきたことで、今のエコマコがあるんです。

いつもテーマの中にあるのは、“自由に”“自分らしく”ということ

“自然のエネルギーを身にまとう”。これはエコマコの大きなコンセプト。新幹線や飛行機といった交通手段や、パソコンや携帯電話などの情報通信機器の進化とともにスピードアップしていくこの時代に、これまで経験のないスピード感に接すれば接するほど、自然が与えてくれるもの、簡単には育たないものに触れたくなります。もっと安定できること、落ち着けるもの、そういう「不動」のものに包まれたくなります。そのときに身にまとうものは、“自然のエネルギーを身にまとう”ような心地よさ、美しさ、安らぎを感じられる服でありたい。働く女性がオフィスの中で身につけても違和感がなく、アフターファイブやプライベート、そして家の中でも着ていられる服。そういう「ロケーションフリー」の服を作りたかったんです。
また、エコマコが目指したかったこと、これからも目指していくことは、周囲の人たちが楽になるファッション。自分を守るだけではなく、相手もリラックスできる装いです。日本の女性は「大和撫子」といわれたように、辛抱強くて繊細。そしてそれはある種の品性だと思います。サービス精神ともいえますし、気づかいともいえます。それは男性・女性を問わず、日本人として持っている素地なのではないでしょうか。マニュアル通りではなく、気づかいのあるもてなし。人を気づかう国民性。そこから生まれたファッションは、やはり自己表現だけではなく、周りの人々を気づかい、相手をリラックスさせるものでありたい。わたしはそう思っています。

これからのECOMACOは、“つながり”をもっと追求していきたい

染料としての用いるための芍薬の花。
常に、自然との接点を模索していきたい

「きれいでありたい」「美しく見せたい」というのは、女性の自然な感情です。その反面、エコロジーというのは、頭で理解することであり、知性の部分。「知性」と「感情」。わたしたちはその相反する感覚の両立を目指してきました。ですが、私たちが目指すものは、たとえば「CO2を削減しましょう!」というような強いメッセージではなく、環境問題を前にして、「これから私たちができることは何か」という、「参加型」の考え方です。石油で賄われてきた化学繊維を、今後何に切り替えるか?それはトウモロコシであったり、サトウキビであったり、あるいは、これからもっと軽く感じる素材が生まれてくるかもしれません。また、今後の自然エネルギーとビジネスとのつながり考えたとき、わたしたちは農業とのつながりにも可能性を感じています。

そして環境を考える上でもっとも大切な「もったいない」という心から、2012年に立ち上げた「光のカケラ」というプロジェクトは、「ありがとう」「もったいない」「笑顔」をコンセプトに、エコマコの残布を新たな雑貨小物によみがえらせる活動を行っています。今、進めているのは「地域染色」と言って、エコマコの素材を菜の花やシャクヤクで染めたり、間引きされたリンゴの枝で染めるなど、本来なら捨てられてしまうような材料を使って自然由来の美しい色を生かした素材づくり。それは、あるところでは必要とされなくても、みんな大切なんだよっていうことに光を当てたいと思ったのです。自然の恵みに感謝して、皆が笑顔になり、最後に「ありがとう」という感謝の言葉が出る。そんなエコロジーな循環が、広がっていけばと思っています。

「光のカケラプロジェクト」は子供から大人まで誰もが関わことのできる「参加型」のプロジェクト

Profile OKA MASAKO
1998年、長野冬季オリンピックプログラムにてポリ乳酸繊維の衣装を発表。ファッションにエコロジーを取り入れた先駆者として国内外から注目を集め、2003年エコマコをスタートさせる。2012年、ビジネス界のオスカーと言われるスティービーアワードでグランプリの国際ビジネス大賞を受賞。現在、岡学園トータルデザインアカデミーの校長を務める。
詳しい経歴はこちら

Copyright(C) Oka Masako Design Office. all rights reserved.

ページの先頭へ戻る